バレエ

2010年7月28日 (水)

アメアイ

はまってしまった…。

「アメアイ」とは「アメリカンアイドル」の略。
アメリカで放送されているオーディション番組なのだ。

ちなみに、「アメリカンアイドル」は歌手のオーディション。
「アメリカンダンスアイドル」っていうのもあって、こちらはダンサーのオーディション。

ウチはケーブルテレビが見れてそこで放送されているのだが、うっかり見てしまい、それ以来はまってしまった。

アメリカでの放送より1年遅れ(たぶんそれくらい)で放送されている。なので、もう誰が優勝したかは分かっているんだけどね(ネットで調べた!)。

オーディションなので、毎回1人(ダンスでは男女1人ずつ)が落とされていく。これがツライ。思わず私も泣いてしまう。

全米1のシンガーやダンサーを選ぶわけだから、ものすごくパフォーマンスのレベルが高い!
上手いのは当たり前。要求されるのはもっと上のことなのだ。

歌うって、踊るって、こういう事なんだなっていうのを、考えさせられる。

しばらくは、この番組から目が離せない!


ホームページはこちら >>> 「整体院Retour」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月27日 (日)

7月の『大人バレエ体験レッスン』

来月も『大人バレエ』体験レッスンを開催することになりました!

と き:2010年7月13日(火) 19:30~21:00
ところ:プラザシティ相模大野集会所
レッスン料:¥1,000

Ballet_2

バレエをちょっとだけやってみたい。
もうバレエをやっているんだけど、他の先生のレッスンも受けてみたい。

そんな方はぜひいらしてください♪

動きやすい格好であれば何でも(ジャージなどでも)OK。
シューズをお持ちでない方は靴下でも可です。
こちらに少しご用意がありますので、サイズが合えばそちらを使っていただけます。

参加ご希望の方は「体験レッスン希望」と書いて、お名前とメールアドレスをお書き添えの上、メールにてお申し込みください。
あらためて詳細を送らせていただきます。
お電話での申込もOKです。

メール:info@seitai-retour.com
T E L :042-810-8410

ぜひ、気軽にご参加ください!


ホームページはこちら >>> 「整体院Retour」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月15日 (火)

第2回『大人バレエ体験レッスン』

先月に引き続き、6月も『大人バレエ』体験レッスンを開催することになりました!

と き:2010年6月22日(火) 19:30~21:00
ところ:プラザシティ相模大野集会所
レッスン料:¥1,000

Ballet_2

バレエをちょっとだけやってみたい。
もうバレエをやっているんだけど、他の先生のレッスンも受けてみたい。

そんな方はぜひいらしてください♪

動きやすい格好であれば何でも(ジャージなどでも)OK。
シューズをお持ちでない方は靴下でも可です。
こちらに少しご用意がありますので、サイズが合えばそちらを使っていただけます。

参加ご希望の方は「体験レッスン希望」と書いて、お名前とメールアドレスをお書き添えの上、メールにてお申し込みください。
あらためて詳細を送らせていただきます。
お電話での申込もOKです。

メール:info@seitai-retour.com
T E L :042-810-8410

ぜひ、気軽にご参加ください!


ホームページはこちら >>> 「整体院Retour」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

出演しないけど

バレエ発表会のお手伝いへ。
受付です。

バレエの発表会は、お母様方のお仕事がけっこうあります。
今回は、受付のセッティングもお母様方がやってくださってました。
クリスマスなので、ちょっとした飾り付けもされていて、可愛かったです。

開場前には、客席でゲネプロを見させてもらったり、楽屋を訪問したり、袖にいたり。
やはり、独特の緊張感がたまらないです~。
出演はしませんが、舞台の雰囲気を満喫しましたshine


ホームページはこちら>>>「整体院Retour」

バレエ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

最終回

「ダンサーなら知っておきたいカラダの仕組み&コンディショニング実践講座」
最終回。

今回は下肢について。
盛りだくさんの内容で、時間も1時間オーバーするほどでした。


ダンサーが痛みを訴える部位は、やはり下肢が多いようです。
中でも、膝が多いそう。

膝は、伸ばした状態だと膝から下だけを回す事は出来ません。
でも、曲げた状態だと少し回すことが出来ます。

これが、くせ者なんですよね。

無理に膝をひねってプリエし、その状態のまま戻ってくる、ってことが出来てしまう訳です。

本来、ターンアウトするのは股関節なんだけど、それが出来ていないのに(から?)足先だけを180度に開こうとしがちです。
そうすると、足先は180度でも膝や股関節は内に入ってしまいます。
つま先と膝の方向が一致しない状態。

その状態でプリエをくり返すと、膝はいつも無理にひねられることになり、痛みが出てしまいます。

つま先の方向と、膝の方向が同じになるようにレッスンをしていくことが大切なんですね。


全4回の講座でしたが、まだまだお話聞きたかったなぁ。

勉強した事を、いらしてくださる患者さんやバレエの生徒さん達に還元出来ればと思います。

ホームページはこちら>>>「整体院Retour」

バレエ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)

美しいアン・オ

「ダンサーなら知っておきたいカラダの仕組み&コンディショニング実践講座」

第3回目。

今日は主に肩まわりのお話。
私自身も肩こりなので、かなり興味深い話が聞けました。

バレエにおいても肩に関する悩みはいろいろありますよね。

たとえば、

アン・オ(腕を丸くして頭の上にあげた形)にすると肩が上がってしまう →
「肩下げて!」って言われるので肩を下げると腕も短くなる →
「腕長く!」って言われるのでそのまま腕だけを伸ばしてみる →
なんだかとっても肩や腕がツライのに、あまり美しくないアン・オになってしまう。

こんな経験をされた方、たくさんいらっしゃるのではないかと思います。

これも、肩甲骨や腕の使い方がとっても大切になってくるんだそうです。

「肩甲骨は肋骨の上で自由に動くことが出来る」
ということを知り、柔軟に動かすことが出来るようになると、
美しいアン・オに近づくことが出来そうです。

来週は最終回。
下肢(股関節・膝関節・足関節)だそうです。

楽しみです~!


ホームページはこちら>>>「整体院Retour」

バレエ | | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 1日 (土)

筋肉痛

モーレツに筋肉痛ですbearing

昨日、久々にハードなバレエレッスンを受けました。
男性の先生だったので、ジャンプ多めの内容。

でも、終わった時には特に疲労感はなく、どこも痛くなかったので大丈夫かと思いましたが甘かった!
腰とおしりとふくらはぎが痛いweep

そして、夜になるにつれだんだん痛みが増しています。
明日が怖い……


ホームページはこちら>>>「整体院Retour」

バレエ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月15日 (水)

途中が大事

久々のバレエレッスンです。
このところ、レッスンがお休みだったり、代教していたりで、自分が動く機会が減ってました。

レッスンしていると、一つ一つのポーズ(形)を気にしすぎて、途中がおろそかになることがあります。

以前出たセミナーで、先生がおっしゃっていました。

「ポーズの最初と最後ではなく、途中が大事なんだよ。そして、その途中こそが『ムーブメント』であり『ダンス』なんだよ。」

『形』と『形』の間をどうつなぐか、ということが大切なんですね。

同じ事が音楽にも言えます。

一つだとそれはただの『音』ですが、『音』と『音』がつながることによって、『音楽』になるのです。
そして、そのつなぎ方によって、音楽に色がつくわけです。

とっても大切な事なんだけど、忘れがちです。

人生もそうかもしれません。
「スタート」と「ゴール」だけではなくて、その途中をどう生きるか。

大げさかしら…?

ホームページはこちら>>>「整体院Retour」

バレエ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月11日 (土)

受付 兼 施術

バレエ発表会のお手伝いへ行く。

受付のお手伝いをさせていただきました。

やはり、舞台の空気はいいですね。
なんとも言えない緊張感が好きです。

本来なら、受付にずっといればいいんですが、私が整体師もしている事をみなさん知っているので、途中何度かお呼びがかかりました。

今日、貴女が来るのを知っていたので、本番前にお願いしようと思っていたんだ…とか、
○○ちゃんが急に腕が上がらなくなったんですが、どうしましょう…とか、
足がダルイんです!助けてください…とか。

本番は緊張もピークですし、カラダにもいろいろな事がおこります。

私は魔法使いではないので、その場ですぐにきれいさっぱり何事もなかったようにすることは出来ません。
(世の中にはそういう事が出来る方もいらっしゃるかもしれませんが。)

でも、それでも少しでも、気休めでも、何か役に立てる事があるかもしれない。
それは、とても嬉しいです。

この日のために何ヶ月もかけて練習してきているんですから、いい踊りがしたいですもんね!

本番では、みなさん本当に素敵に踊っていました。

やっぱり、バレエって、舞台って、いいですね♪


ホームページはこちら>>>「整体院Retour」

バレエ | | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月22日 (金)

すべてはプリエから

先日参加した「バレエ指導者と治療家の合同セミナー」。
バレエの動きについていろいろと解説していただきましたが、その中で「プリエ」については特に時間をとっていました。

「プリエ」とは、
見た目で言えば、つま先を外に開いた状態でのゆっくりとした屈伸運動、といったところでしょうか。

しかし!!
見た目は屈伸運動ですが、ただ膝を曲げ伸ばししても、使うべき筋肉が使えていなければ、それは正しいプリエではありません。

ポイントは、
「内もも(内転筋群)」を使う、ということ。そして、
「前もも(大腿四頭筋)」を使わない、ということ。

膝を曲げ伸ばしする時は、前ももに力が入りがちです。
大きい筋肉なので、どうしても一番先に使ってしまいます。

でも、その前ももを使わずに、内ももで膝を押すようにして膝を曲げ、内ももを引き上げて膝を伸ばす。
これが、バレエにおける「膝の曲げ伸ばし」の動きで、正しいプリエという事になります。
言うのは簡単ですが、やるのはとても大変です。

内ももを使ってプリエが出来ていれば、ある程度の深さまで膝を曲げていってもすぐにはかかとが床から浮きません。
そして、どんなにターンアウト(股関節の外旋)できている人でも、前ももを使ってしまうと膝が内に入ってきてしまい、その結果ローリング(土踏まずが落ちる)がおきてしまったりします。

このプリエの脚の使い方と、すべての「膝を曲げ伸ばすパ」の脚の使い方は同じです。
どの角度で、どの方向に、どちらの脚が動いているかという事が違うだけで、している動きは同じなのです。
パッセも、フォンデュも、デベロッペも、グリサードも、パ・ドゥ・シャも…です。

バレエにおいて「膝を曲げて伸ばす」という動きは、すべてプリエの応用だということですね。


「プリエはバレエの基本」

と、言われます。
それがよく分かりました!


「整体院Retour」では、ダンスをされている方のお悩みにも対応しております。
分からないこと、聞きたいことなどありましたら、ぜひご相談ください。

ホームページはこちら>>>「整体院Retour」

バレエ | | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧